ブラックロックのETF提出に応じて、GBTCの取引量が8000万ドルまで急増

仮想通貨
スポンサーリンク

Grayscale
ブラックロックのETF申請に続き、GBTCの取引量が8000万ドルに急増

先月、巨大アセットマネジメント会社であるブラックロックがビットコインETFの申請書を提出したことで、アメリカの仮想通貨市場に大きな期待がもたれています。この動きに合わせて、ビットコイン投資信託であるGBTCの取引量が80,000,000ドルに増加したと報告されています。

GBTCはインベストメントトラストであり、ビットコインの価値に1対1の比率で投資することができます。つまり、1株のGBTCは1ビットコインに相当します。GBTCはビットコインを手軽に投資することができるため、アメリカの仮想通貨市場において非常に人気があります。また、アメリカ証券取引委員会(SEC)から承認を取得している為、投資家にとっての信頼性が高いとされています。

仮想通貨市場におけるETFの認可に期待が高まる中、GBTCの取引量の急増は仮想通貨市場への投資の増加を示唆しています。また、ブラックロックのETF申請が認可された場合、ビットコイン市場におけるボラティリティが抑制され、市場全体の安定につながるとされています。

一方で、ブラックロックのETF申請が認可されるかどうかには疑問が残されており、申請の承認を得るためには時間がかかる可能性が高いとされています。しかし、ビットコインETFの認可が実現すれば、アメリカの仮想通貨市場にとって大きな進展となり、市場の発展に寄与することが期待されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました