ビットコインの発明者ナカモトサトシと目されるクレイグ=ライト氏とは何者なのか!?

先日のSBI証券の株主総会にて北尾社長からトンデモ発言が飛び出しました。北尾社長は以前から仮想通貨リップル(XRP)の普及を推進するなど、フィンテックに代表される仮想通貨に対して非常に先進的でしたが、今回はなんとビットコインの発明者であるナカモトサトシと会って話をしたと発言したのです!

ちなみにビットコインの発明者とされるナカモトサトシ氏は正体不明で未だ特定されていません。

北尾社長の発言の概要

” ナカモト・サトシさんと会って議論する機会がありました。
この人は正真正銘のブロックチェーンの、ビットコインのInventor(発明者)だと思います。大金持ちですから、今40人位のPh.D取得者を使いながら、次々と仮想通貨の世界を大きくすることをやっている。”

北尾社長は誰と会ったのか?

ビットコインの発明者であるナカモトサトシの正体は判明していません。では北尾社長は一体誰とあったのかというと、個人的に北尾社長があったというナカモトサトシは恐らくオーストラリアの発明家兼実業家のクレイグ・ライト(Craig Wright)氏だと思われます。

クレイグ・ライト氏は2016年5月、自分がサトシ・ナカモトだと名乗り出ました。 これを受けて、2011年にサトシ・ナカモトから後継者と指名されていたBitcoin最初期からのコア開発者であるギャビン・アンドレセン氏は「クレイグライト氏がナカモトサトシだろう」と発言し、現在はBitcoin Cash(BCH)の開発チームにいます。その際ギャビン氏は「メールのやり取りを行い懐かしさを覚えました。そして、ロンドンで彼の持つキーで署名されたメッセージを見て確信しました。」 と語っています.

ナカモトサトシ=クレイグライト氏とは100%決まったわけではありませんが、ナカモトサトシ氏とクレイグライト氏には色々と共通点があり、彼が本当にナカモトサトシなのではないか?と信じているひとも一定数います。その理由の一つとしてクレイグライト氏は日本の文化に非常に見識が深いです。

他にもクレイグライト氏は方丈記などなど日本史についてかなり詳しく、ビットコインとビットコインキャッシュの対立を関ヶ原の戦いに例えていたりもします。これだけ日本好きの彼なら匿名の呼称に、ナカモトサトシという日本人の名前を使ってもおかしくありません。この他にもクレイグライト氏はビットコインを発明したと納得しかけるくらいビットコインのシステムに精通しています。

ちなみにクレイグ氏=ナカモトサトシと推測される理由としては以下のようなものがあります。

「Bitcoin銀行」の設立のためにBitcoinを投資(当時のレートから計算すると、全Bitcoin流通量の1.5%の量)していた。

・2009年にビットコインの論文が発表される前にブログでその内容を公開しており弁護士にビットコインとほぼ同じ内容のシステムについての法律相談を行っている

クレイグライトは一時期自分がナカモトサトシだとしていくつかの証拠と共に表舞台に出ようとしましたが、コア派(ブロックストリーム社)から強い非難を浴びて身を引きました。ちなみにこの時ナカモトサトシから後継者指名をされていたギャビン氏はクレイグライト氏がナカモトサトシだろうと発言し、その後コアからコミュニティーを追放され、現在はビットコインキャッシュ(BCH)の開発チームにいます。

彼がナカモトサトシだとはまだ分かりませんが、ナカモトサトシレベルにビットコインに精通しているのも事実であり、個人的にはナカモトサトシ=クレイグライト氏であり、北尾社長が面会したというのは彼の事ではないかなと思っています。

実際北尾社長は彼と話したあと北欧に大規模なマイニング工場を作り、すでにビットコインキャッシュのマイニングを始めていると株主総会で発言しています。

SBI北尾社長の語る、仮想通貨リップル(XRP)による今後の事業展開

【株価分析】SBI証券の今後の将来性と株価予想

そしてクレイグ氏も彼のTwitterを見れば分かりますが、ビットコインキャッシュを非常に押しています。

2018年はビットコインキャッシュが取引所やユーザーにスケーラビリティーのある安全な支払い決済システムとして受け入れられ伸び、今まで文書のタイムスタンプやスマートコントラクトなどのすべての「スパム」とされていたもののが復帰し、Bitcoinの古い約束(ナカモトサトシの作ったロードマップ?)が戻ってくる年になるでしょう。

彼はビットコインキャッシュを支持する発言をしつつ、Segwitの入った今のビットコインとビットコインキャッシュの共存はあり得ないとも発言しています。こういった理由から私はビットコインをホールドしておくのはあまり得策ではないと考えています。

また現在ブロックストリーム社が作っているライトニングネットワークはビットコインの存在意義を根本から覆すものであり、またビットコインの将来性と本質価値を大きく棄損させる(将来無価値になるかもしれない)ものだと思っているので、ビットコインの長期保有はオススメしません。

クレイグライト氏の講演内容

クレイグライト氏は研究者であると同時に会社を経営する実業家でもあり、彼はnChainという多くの開発者が在籍するグループを現在運営しています。

このnChainはビットコインキャッシュに開発に関与していますし、北尾氏の発言にもあったナカモトサトシ氏は今40人位のPh.D取得者を使いながら、次々と仮想通貨の世界を大きくすることをやっているという内容にも合致するので北尾氏がナカモトサトシだと信じる人物はクレイグライト氏だと思われます。

そしてこのnChainとSBI証券はウォレットのセキュリティーとビットコインキャッシュに普及について戦略的提携を結んでおり、まさに北尾社長が株主総会で発言していた「ナカモトサトシ氏とウォレットのセキュリティーについて議論した」という内容と合致します

訴訟騒ぎ

2018年2月クレイグ氏はある人物から100万BTC(約1兆円)の訴訟を起こされました。これいついては現在協議中なので何も続報はありませんが、彼が100万BTC(約1兆円)の訴訟を起こされた経緯を見ると、クレイグライト=ナカモトサトシ説の信頼性はかなり増してきます。

簡単にいうとナカモトサトシというのはクレイグ氏とデイブ氏の共同名義で、お互いに大量のビットコインを保有していたがデイブ氏が病気により他界し、その際に遺族が彼のビットコインのウォレットデータを保管していたUSBメモリーを消去・または紛失してしまったことから手に入るはずのビットコインが手に入れられなくなってしまったため、共同名義であったクレイグ氏がビットコインを奪ったという事にしようとしているということのようです。

この真偽は分かりませんが、注目すべき点はデイブ氏の遺族はクレイグ氏が100万BTC(日本円にして1兆円相当)のビットコインを保有しているという体で動いているということです。

もし仮に普通の一般人に5000~1兆円の訴訟吹っ掛けて勝ったとしても用意できるはずがないですしね。(民事訴訟で数百万程度の支払い命令でもバックレる人はいっぱいいます。)

ロジャー氏やギャビン氏、ウィンボルクス兄弟などビットコイン最初期にビットコインの開発に関わり、BTCを大量に保有していたことで億万長者になった人はいますが、リッチリストを見ても現在も100万BTCを持っている人はなかなかいません。今現在100万BTCを保有しているナカモトサトシのウォレットだけです。クレイグ氏のビットコインに対する深い見識や今回の騒動を考えると私はクレイグ氏がナカモトサトシなのではないかと思います。

クレイグ博士は本当にナカモトサトシなのか?

正確にいうとクレイグ博士はナカモトサトシの一部だと考えています。ビットコインの発明者であるナカモトサトシという名義はクレイグ博士とデイブ氏ともう一人の3人の共同名義なのだったと思います。そして、残りの二人は現在すでに他界しているので、実質クレイグ=ライト氏がナカモトサトシだという事になると思われます。つまり、ナカモトサトシの正体については一人の人物だと仮定すると色々な矛盾が起こるのですが、複数の人物だったのであれば筋が通る件も多く、ナカモトサトシは複数の人物だったのではないか?と思われます。

追記:

ビットコインの歴史については「デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語という本が詳しく解説しています。こちらの本でビットコインの仕組みと作られた経緯、そしてその歴史を鑑みればビットコインキャッシュ(BCH)が支持されている理由がより理解できると思います。ビットコインの価格ではなく、真剣にビットコインのシステムや作られた経緯について真剣に理解したい方にオススメしたい1冊です。


The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資5年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨を始めるなら今!



ビットコインの価格は2009年から100万倍以上に値上がりしており、仮想通貨市場は現在急速に拡大しています。今から仮想通貨を購入するなら「リップル(XRP)」がオススメです。リップルは日本ではビットバンク(Bitbank)で一番安く購入することができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク