投資は若いうちから絶対にしておいたほうがいい理由

資本主義社会では投資は必須

皆さんがこの社会のルールがどういうものか知っていますか?

この社会は資本主義です。つまりお金で社会は動いています。そして、金があればほぼ何でもできます。これは義務教育では絶対に教えない範囲ですが、とても大切なことです。

よく学校で勉強したことは社会において役にたたないと言われますが、その理由の一つとしては学校ではお金に関することは教えてくれないというのがあります。

投資・仮想通貨は怖い・危険というイメージがありますが、株式などではなく家のローンもいうなれば一種の投資ですし、教育や知識やスキルを得るために勉強するのも自分への投資です。

お金の動かし方は慣れです。誰でも最初はうまくできないものです。少額から初めてだんだん大金を動かすのに慣れていくものです。

それをしないで30~40になってからいきなり住宅ローンをなどを組んだり、退職金でいきなり2000万円近く手に入れてしまうと金の動かし方になれていなくて大失敗してしまうことがあるのです。

なので投資は絶対に若いうちから始めたほうがいいです。早ければ早いほどよく20代前半くらいから始めるべきです。

なので人生の早い時期から投資(資産運用)を始めて慣れていきましょう。

他にも早めに投資に触れた方が良いと思う理由は、「お金に興味が持てる」からです。ただ貯金と節約に徹するだけだと、精神的に消耗しますし社会原理に触れないので回りまわって損になります。

『消費・浪費・投資』の概念はよくある話ですが、3つを意識してお金と関わっていくのはとても大事だと思っています。

毎月の給料のように現金収入の 基盤があっても、高度成長期のよう に誰もがどんどん収入が上がって いくとは限らず、それだけでは将来 の不安は解消できない。

そこで労働収入だけでなく、一部のお金は投資に回して、まずは「お金に働かせる」という仕組みをつくるところから始めましょう。

運用で収入が減るリスクを 取るのが損なのではなく、「何もしないということが損」という機会損失を意識することが第一歩です。

そういったことは↓の図解 ピケティ入門 いちばんやさしい『21世紀の資本』の読み方という本が分かりやすく書いているのでぜひ読んでみてください。

お金に働いてもらったほうが効率が良い

いちばんやさしい『21世紀の資本』の読み方 にも書いてあるようにお金というのは自分が肉体労働して増やすよりもお金に働いてもらうほうが効率良く増えます。

日本人は汗水流してお金を得ることを美徳だと考えている人が多いですが、悲しいことに現実は自分の体を使って一生懸命働くよりもお金を動かしてお金に働いてもらった方が効率よくお金は増えます。

これはノーベル経済学賞にもっとも近いと言われている経済学者であるピケティの21世紀の資本という本で理論的に証明されている事実ですし、お金持ちの人を見てください。

彼らは必死な顔をして働いているでしょうか?基本的に必死に働いているのは基本的に低収入な人ばかりです。

お金持ちはお金を動かしているだけでお金が勝手に増えるので必死に働きません。

だいたい資本主義の仕組みはマルクスが完璧に解説しているので、学生は就活やら資格やらではなく、ビジネス社会に足を踏み入れる前に資本論読んだほうがいいです。

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」みたいなマルクスの主張を私たちにも簡単に理解できるように、優しく書き直したやつも本屋にいっぱい売っていますし、21世紀の資本ではなく、マルクスの資本論を読むだけでもサラリーマンで雇われになって働き続けることが、この現代の資本主義社会においていかに頭の悪い役割演じてるかわかると思います。

そのポジションでいる限り一生ハムスターです。とっとこハム太郎です。資本主義社会の波にのるには投資するしかありません。

ではなぜこのことを誰も言わないのかというと、皆がこのことに気づいてしまうと、私たちを雇って働かせている側にとても都合が悪いからです。

そして資本主義というのは、ぶっちゃけていえば金が全ての社会構造システムであり金さえあれば自由気ままに生きることができます。

そもそも労働はあくまで人生を豊かにするライフワークであって生きるために労働するというのは、目的と手段が逆になってしまっているのです。

日本人は株式投資を誤解している

日本が高度経済成長などで成功した要因は単一労働による大量生産が挙げられます。他にも終身雇用など家族型の社会でこれらは一種の共産主義的なコミュニテイーと言えます。

そのため外国からも日本は世界で一番成功した共産主義国家だと言われることもあります。

ですが、時代は進歩し現在世界の財(金)を生み出す主流はAI・IoTなどのIT産業です。これらの産業に欠かせないことはこれまで日本が得意であった単一労働ではあなく、一人ひとりの個性を尊重し、独創的な発想からイノベーションを生み出すことです。

現にAPPLEのIPHONEやGoogleやフェイスブックのウェブ広告ビジネスなどシリコンバレーから端を発したユニコーン企業がアメリカのGDPと株価の伸びをけん引しています。

そして、残念ながら世の中というものは不平等なもので、何万人ものパート従業員がマクドやコンビニで何千時間頑張って働こうがジョブスがiPhoneを設計してが生み出した財には匹敵しません。

ここが資本主義の味噌で0から1を発明した人には莫大な報酬が与えられます。株式会社であれば自分で起業してそれを上場した時点で自分の資本は何千倍にも膨らみます。

そして画期的な発明であれば特許を申請することで特許使用料として莫大な報酬が発明者に与えられます。

後者の特許に関しては私たちが関係するのはほぼ不可能ですが、前者の株式会社については私たちも関与するする方法があります。

それが株式投資なのです。適切な企業を見る知識があれば例えAIやIPHONEが作れなくともその発明に要る大きな進歩に便乗することができるのです。

つまり株式投資は0から1を作れなくてもその恩恵に乗れる(株式を保有することで財産を何倍にも増やせる)可能性のある手段なのです。

よくコツコツ働けば報われるみたいな至言がありますが、それは半分正解で半分間違いだと私は思っています。というのも思考停止でコツコツ働いてもその努力が報われることはありません。

努力とは常に頭で考えつつ、このやり方でいいのか試行錯誤することになると思います。

より便利な方法があるならそっちを使うべきだというのは松下幸之助氏の言葉でもあります。

今の日本はこの言葉を忘れてとにかく時間をかければいいという風潮が蔓延していますが、松下幸之助氏ですら実は効率できる手段があるなら可能な限り効率化すべきだとしているのです。

投資は収入源にもなる

今の社会では1つの会社に就職し、そこで働いて給料を得るというのが一般的な労働スタイルですが、もし事故や病気で労働できなくなった場合どうなるのでしょうか?

もちろんそうなったときに困らないために私たちは保険や損保に加入するわけです。投資もそれと同じです。

本業でお金が稼げなくなった時に食っていけるようにするためにリスクヘッジの手段です。

また年金制度が怪しい今確定拠出年金と積み立てNISAで若いうちから積み立て投資を始めていくべきでしょう。

日本円の価値は年々下がっていく。

現在安倍首相が行っているアベノミクスという政策の目標の1つに2%にインフレ目標というのがあります。

インフレというのは要は通貨の価値が下がるという事なのでインフレ目標が2%ということは、1年あたり日本円の価値が2%くらい下げていこうぜという政策なのです。

安倍首相はそれを達成するために、日銀に日本円を刷らせて株(ETF)を購入させることで市場に日本円を垂れ流し日本円の価値を下げる(インフレする)ように誘導しています。

なので、あなたが何もせずに銀行にお金を預けているだけで実質的には損していることになるのです。

昔は銀行に預けているだけでインフレに対応できましたが、現在ではわりかし気前のいいネット銀行に預けても年に0.1%しか増えないので銀行にお金を預けていていてもインフレにはついていけず、あなたの資産は相対的に減ることとなります。

1つお伝えしたいことは、最悪の投資は現金だということだ。誰もが現金は王道だというが、現金は時間が経つにつれ価値を失っていく」(ウォーレンバフェット)

安定の時代はもう終わり

今の日本人はできるだけ安定しているものを手に入れて、できるだけ動かずにすむようにそれを守り抜こう」という姿勢の人が多いように感じます。

ですが、その保守的な姿勢がどれだけ大きな損失につながるか、そして格差の下側にあなたを導いてしまいます。

そうならないためには常日頃から世の中の情報を広く取り入れ時代に対応していくという努力が必要です。

日本のGDPはバブル絶頂期からの20年間ほとんど増えていません。ですがインドは6倍、中国は13倍にも上昇しています。

最近日本に中国をはじめとした東南アジア系の観光客が多いのは東南アジアの国々が急速に経済成長してきているからです。

それはつまり相対的に日本円の価値が落ちていることを意味します。なので日本の初任給はこの20年間ほぼ変化していません。

つまり国際的にみて、サラリーマンとして日本円を地道に稼ぐのはとても効率の悪い財形成だといえます。

これを補うためには投資による資本収入しかありません。

若いうちにしておかないと後で大やけどする

加えて若いうちはリスクが取れる

基本的にどんなことでも最初は失敗(損する・負ける)をするものです。なんも経験もなく本を何冊かだけで勝てるほど相場の世界は甘くありません。

最初からずっと勝ち続けている人はいません。負けて失敗してその教訓を活かして次に繋げて勝てるようになっていくのです。

失敗した経験を踏まえつつ相場と向き合っていくことで何か見えてくるものがあると思います。

そして若い人は40代や60代の人と違い、もし失敗してしまってもまたお金を稼げばいいので、仮想通貨のような一獲千金のリスクをとるのも全然アリだと思います。

仮にもしそこで失敗してしまったとしてもその経験は、次の積み立てNISAなどで生かすことができるはずです。

【絶対上がる!】個人的なオススメ仮想通貨ランキング ベスト3

【初心者向け】仮想通貨・ビットコイン投資の始め方を分かりやすく徹底解説!!

【仮想通貨】2018年個人的にオススメな草コイン(マイナーアルトコイン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 信じられるのは自分だけ

日本の円や大企業が信用できたのは、日本の経済が右肩上がりだった高度経済成長期の話です。

そして彼らを信じた結果、今の日本はデフレから抜け出せずGDPも中国にはあっさりと抜き去られ、年々今まで後進国だと見下していた東南アジア諸国にも追いつかれそうになっています。

そして国もあなたを助けてくれるとは限りません。現に年金支給開始年齢はだんだん引き上げられており、あと数十年後に私たちがもらえることはほぼないでしょう。

国はそれが分かっているから確定拠出型年金と積み立てNISAを使って自分で資産形成しておけよと言っているわけです。

始めたいけどお金がない

私はたまに投資の魅力を語るのですがたいてい帰ってくる答えは↓のような感じです。

「金がない」

「まずは貯金したい」

「勉強します」

「貯金」「円」「大企業」「日本」しか、大半の人は信じないのですが、彼らはもう信じられる存在ではありません。自分の身は自分で守りましょう。

この世は金が全て

この資本主義社会のルールは金を多く持っている人が偉いというルールです。

日本はこれまで終身雇用制のような一種の共産主義的社会でしかも高度経済成長で成功してしまったので、資本主義的な考えがまだ一般に広まっていませんが、この世は金が全てです。

その証拠に金もろくに持っていない・稼いでいないニートがいくら高尚な言葉ことを並べても人々は金を持っていないとその言葉に耳を貸そうとしません。

反対にTwitterの億トレが煽る銘柄には少し考えればはめ込みでしかないのに簡単に自分の大切な財産を簡単につぎ込みます。

よくお金が全てではないと言いますが、これは金がほぼすべてだからこそ、敢えてそれを言わない俺かっけーという単なる逆張りでしかないのです。

金が全てだとみんな心の底で思っているからこそ金が全てでないという言葉が出てくるのです。

本当にお金が全てではなかったらそんなことは太陽が東から登って西に沈むみたいな常識として誰も言いません。

もちろんお金で買えないものもあります。ですが、ほとんどのものはお金で解決します。よく金持ち故の孤独みたいな悩みがありますが、それよりもお金がないことで悩んでいる人のほうが遥かに多いです。

なのでまず金を稼ぎましょう。時給で働く肉体労働もいいですが、頭を使って効率よくお金を稼ぎましょう。

汗水流してただひたすら働くことは美徳ではありません。単なる効率の悪いアホです。

そうでなくともリスクヘッジの手段として投資というのは必要なものです。みなさんの会社がこれからもずっと続いていくか、そして皆さんがこれからも健康で働き続けられるかは誰にも分かりません。

その時に備えて保険に入っているひともいっぱいいますよね?投資もそれと同じでそのリスクを分散させる手段の1つなのです。

投資は金融商品だけではない

投資というと、株式などのイメージを皆さん持っていると思いますが、投資というのは必ずしも株や仮想通貨を購入することだけではなく、何に自分のコスト(お金や時間)をかけるのかを吟味することだと思います。

なので暇な時間の使い方や仕事選びも実は投資に繋がっているのです。友達と遊ぶかゲームするか、資格勉強するか、本を読んだりするか、有限の時間をどう使うかも自分への投資・時間への投資だと言えます。

実際就職活動もある意味では3億円の投資だといえます。途中で転職する場合もありますが、基本的には就職とはその企業に自分の体と時間という資本を投下することなのです。

労働も自分の金じゃなくて肉体を酷使して金稼いでる一種の投資です。自分の頭脳や肉体が優れてればリターンが上がるから自己研磨するわけです

自分で意思決定する

大切なのは自分で決めて自分で行動することです。そして行動せずなにもしないということは一生成功へのチャンスを失い続けることであり、死んでいるのと同義なのです。

©福本信行 賭博黙示録カイジ(7) (ヤングマガジンコミックス)より引用

生のある人生とはリスクを取って生きることです。リスクを必要以上に恐れる人がいますが、リスクを取らない人間にリターン(成功)はありません。

なので身が破滅するほどのリスクは取るべきではありませんが少しなり投資んどの形でリスクを背負うべきです。

そして、仮想通貨だろうが株式投資だろうが草コインだろうが、ICOだろうが、自分で調べて・判断・決断して投資する分には全然問題ないと思います。

【初心者向け】仮想通貨・ビットコイン投資の始め方を分かりやすく徹底解説!!

投資における真のリスクというのは、値動きではなく自分で判断せずに、人に意見や雰囲気に流されて行動し必要以上のリスクを背負ってしまうことだと私は考えています。

大切なのは自分の背負うリスクの大きさを測り間違えないことです。

このリスクの大きさを見極める審美眼は投資について勉強し実際に行動することでしか身に付きません。

それは投資だけでなく、どの分野・コトにおいても同じです。行動しましょう勉強しましょう。行動する人にしか未来はありません。

The following two tabs change content below.

刃牙

株式投資3年目。2017年に仮想通貨に参入し、大幅上昇で一時億り人になるも2018年の一連の騒動で転落中。最近は株式投資と仮想通貨に関連するテーマを記事にしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク