「186行が危機に – 米国銀行システムは崩壊寸前か?」

スポンサーリンク

bankrupt
「186の銀行が危険な状態にある。米国の銀行システムは崩壊寸前か?」- CoinPedia

COVID-19の流行は、世界中のあらゆる業界に影響を与えている。そして、米国の銀行システムも例外ではない。最近の報告によると、186の米国銀行が危険な状態にあることが分かった。

これらの銀行は、COVID-19の影響や低金利によって、その事業に深刻な影響を受けている。これにより、彼らは程度の差こそあれ、債務超過の状態に陥っている。

これは、2020年6月時点の「セーフ・バンキング・システムズ」(CCAR)の報告書に明示されていたが、CCARとは連邦準備制度理事会が開発したプログラムである。

このプログラムは、銀行が今後の「悪天候」に耐えられるようにするために開発されたストレス・テストを行うことで、銀行のリスクを決定する。その後、銀行は必要な修正や改善を行う。

しかしながら、これらの186行の多くは、財務改善を行うための計画を提出していない。これは、彼らが2020年のストレス・テストに合格しなかったためである。

しかし、この報告書から、これらの銀行の多くは、パンデミック中に設定されたメリット・オプション・プランの恩恵を受けたとわかった。

このプランは、米国政府が銀行に提供しているプログラムで、銀行が融資する積極的な動きを行うことを助けるためのものである。これはコロナ禍で、銀行がその事業を維持するために、必要とされるものである。

また、この報告書によると、これらの銀行は再度ストレス・テストを受けるために準備しなければならない。そして、ストレス・テストによって、彼らは銀行がどのように機能し、調整する必要のある問題を知ることができるだろう。

この報告書が示すように、186の銀行が危険な状態にある。しかし、政府が提供するプランを受け、再度ストレス・テストに合格すれば、彼らは引き続き事業を維持することができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました