【株価分析】SBI証券<8473>の今後の将来性と株価予想

SBI証券の平成30年度決算報告

本業の証券業と金融アセットマネジメント業は前年度比も大きく伸びており堅調です。

株価・将来性

株価指標に関してはPER:8.9倍、PBR:0.9倍、ROE:10.3%と、数値だけならすこぶる適切な感じですね。

しいて言うならPBRが1以下でありROEも高くないため、仮想通貨を始めとするフィンテックに取り組んいるわりには若干割安な感じがします。

仮想通貨・フィンテックに取り組んでいるインフォテリアやオルトプラスはPERが3桁あるのでSBIの10%というのは同業と比較するとかなり低いと言えます。

保有割合は自社が50%で残りのほとんども機関投資家が占めており、ホルダーも堅く下値も見えていると思われます。

証券業と多角化の成功

オンライン証券では他社を既に圧倒しており、これからの目標は野村などの大手証券会社、口座数の伸びからして抜かすのは時間の問題。

おつりで投資をするウェルスナビなども今後もサービスを拡大予定。保険事業であるSBI損保も堅調に拡大。利益の減少は火災保険用の設備投資のため。

保険の申し込みが住信ネット銀行などからであり、競争優位性のためのビジネスエコシステム(経済圏)の形成を今後も進めていく。

フィンテック投資ファンドの設立により利益のさらなる獲得を目指す。フィンテック分野においてSBI証券の名前は世界に名をとどろかせている。

アメリカのブロックチェーン分野の影響力のある企業として1位に挙げられている。SBIフィンテクファンドの1つが米ナスダックに上場。現在トータル320憶円を投資に回している。

今後も韓国でフィンテック関連分野に投資を進めていく。

バイオ分野ではAKIという腎不全の病気に対して有効な治療薬を開発できる可能性があり、これが認可されれば今の赤字は全部吹き飛ぶ。

膀胱がん・糖尿病についても有効な術中診断薬の開発中、ここも成功すれば世界で使われるので大きなマーケットとなる可能性がある。

発展途上国に向けて健康食品の普及も進めており、世界80か国で手続き中、来年には10か国で販売開始予定。

小会社事業に関しては、評価されづらいため海外の取引所に子会社を上場させることで企業価値の顕在化を図っていく。

JALと提携しJALSBIフィンテックを設立し、JALとともに発展に向けて企業努力を続けていく。

ブロックチェーン技術は音楽業界や不動産分野などあらゆる分野で応用の利く技術であり投資する価値が非常に高い。

(SBI証券、2017年10月株主総会での北尾社長の発言より抜粋)

仮想通貨事業を始めとしたフィンテックへの取り組み

SBI証券の他の証券会社にない強みとしてはフィンテックへの取り組みが他社と比較しても異常に進んでいるという点です。

フィンテックというのはフィナンシャル(financial)とテクノロジー(technology)を組み合わせた造語でIT技術により金融コストを大幅にカットしようとする試みのことを指します。

【テーマ株】フィンテック(Fintech)関連銘柄 のまとめ

そしてSBI証券はこのフィンテックに関する取り組みが日本で一番進んでいるといっても過言ではありません。(つまりフィンテック分野で他の証券会社や銀行に技術提供することで大きな利益を上げる可能性が高いと言えます。)

※SBI証券株主総会資料より引用

特にSBI証券は仮想通貨を使った送金手数料のコストカットに意欲的に取り組んでおり、リップル(XRP)という仮想通貨を送金決済に用いることで大幅なコスト削減を行う見込みだとしています。

SBI北尾社長の語る、仮想通貨リップル(XRP)による今後の事業展開

そして2018年を目途にリップル(XRP)を使った国内外の銀行送金を日本のほぼすべての銀行が一斉に使うためのリップルの普及を目的とした内外為替一元化コンソーシアムもSBI証券が主導で勧めています。

【国際送金】内外為替一元化コンソーシアムとは何なのか?リップルとの関係は?

SBI証券は元金融長官で五味氏を抱えることで日本国内のフィンテックによる金融革命の主導権を握ろうとしており、現状ほかの銀行や証券会社はもはやSBIに追従するしかない状況になっています。

ちなみにこの五味氏はインフォテリアの取締役も務めています。インフォテリアもテックビューロと業務提携することによってブロックチェーン技術を使ったデジタル通貨「ZEN」の実証実験を進めていたりと注目の高まっている企業です。

仮想通貨事業に参入

SBI証券は他にもリップル(XRP/ILP)を使った送金コストの削減だけではなく、仮想通貨取引所の運営と仮想通貨のマイニング事業にも乗り出しています。

仮想通貨におけるマイニングとは、ピッケルなどで通貨を掘ることではなく仮想通貨の取引処理をPCを使って手伝うことでその見返りとして新しく発行される仮想通貨を受けとることを意味します。

ビットコインの採掘(マイニング)とハッシュレートの分かりやすい説明

株主総会の北尾社長の発言によると、仮想通貨のマイニングは既に始まっており、現在はビットコインではなくビットコインキャッシュのマイニングに力を入れているとのこのことです。

これは将来的に仮想通貨の基軸がビットコインではなくビットコインキャッシュ(BCH)になることを見越しているのだと思われます。

ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインになる可能性

SBI証券もとい北尾社長の仮想通貨の将来性を見込んでのフットワークの軽さには驚愕するばかりですが、その理由として北尾社長はビットコインの発明者であるナカモトサトシ氏(もしくはそうと思われる人物)とコンタクトをとったからだとしています。

ちなみにこちらのJerry David Chan氏が北尾社長の仮想通貨事業におけるブレーンの方です。

ビットコインの発明者であるナカモトサトシ氏は正体不明の人物ですが、北尾社長は彼と面会し彼の語る内容、そして所持しているビットコインの数から彼が本物のナカモトサトシ氏である確証を持ったようです。

→SBI証券・北尾社長がビットコインの発明者であるナカモトサトシ氏と会談したと発言!!

終わり

銀行・証券会社をはじめとする金融業は、現在フィンテック・AI・IoTといった第四次産業革命の技術分野の発展により経営戦略の舵取りを大きく変える必要を迫られています。

「必死に働いてきた結果がこれなのか…?」みずほ銀行、フィンテックにより1万9千人をリストラへ

特にビットコイン・リップル(XRP)を始めとする仮想通貨もといブロックチェーン・分散台帳技術は第3者による仲介なく個人間で価値のやり取りを可能とする革命的技術であるため、銀行の存在そのものの必要性が見直されようとしており、この先銀行は完全に消えることはなくともその数をへらすことは必至だと言えます。

【仮想通貨】リップル(XRP)の価格が絶対上がる3つの理由

そんな中、北尾社長の率いるSBI証券はフィンテック分野に日本の金融業界の中でいち早く次行投資を始めており、リップル社との提携などこれからの金融業界の構造変化に対応するどころかメガバンクを抑える勢いで成長を続けている企業です。

あくまでここからは主観ですが、SBI証券はこれから10年で金融業界の中で大きく躍進する企業であると考えています。

SBI証券の企業価値(株価)の上昇はもちろん、私はSBIが力を入れているリップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCH)の価格上昇に大きく期待しています。

【仮想通貨】リップル(XRP)が将来2万円になる理由

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性・チャート・購入できる取引所

SBI証券の代表である北尾社長は界隈で色々言われていますが、10年前にSB金融部門からSBI証券を立ち上げ、当時は弱小ネット証券会社の1つにすぎなかったSBIをリーマンショックの荒波にも負けず、現在ネット証券会社でトップクラスの証券会社に育て上げた彼のビジネスの手腕は本物だと確信しています。

※投資は自己責任でお願いいたします。

ちなみにSBI証券は株式FXのスマホアプリも使いやすく、手数料も他社と比較して圧倒的に安いため個人的ネット証券会社ランキングでも一位に推してしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク